発達支援とは?子供の成長を最大限引き出すポイントを徹底解説

お子さまの成長を最大限引き出す「発達支援」

その魅力についてご存知でしょうか?

発達支援とは「障害や発達の遅れがあるお子さまたちに対して、個々の特性に合わせた支援を行うこと」を指しますが、この発達支援により、お子さまたちが自立した社会生活を送れるようになることを目的としていますが、今回の記事では以下の内容を解説していきます。

  • 発達支援の魅力
  • 発達支援を提供する主要な施設とサービス
  • 発達支援プログラムの種類と内容
  • 発達支援を受ける上での手続きと注意点

それではまず、「発達支援の魅力」についてです!

発達支援の魅力: 様々なお子様のニーズに合わせた対応・長期に渡る切れ目のない支援を実施できる

集団と小集団と個別と様々なお子様のニーズに合わせて対応ができることと、未就学のお子様から高校3年生までの就学後のお子様まで長期に渡る切れ目のない支援を実施できることが、魅力になります。

発達支援の魅力は大きく2つあります。

まず一つ目は、「集団」と「小集団」そして「個別」というように、様々なお子様のニーズに合わせて対応ができるということです。

そして二つ目は、未就学のお子様から高校3年生までの就学後のお子様まで、長期に渡り切れ目のない支援を実施できるということです。

これらより、障害や発達の遅れがあるお子さまたちが社会に適応し、充実した人生を送れるようになることを目指していきます。

また、地域の施設(例えばデイサービスや放課後デイサービスなど)や専門家と連携しながら、ご家族や保護者さまもサポートしていきますが、これらはこどもたちのしっかりとした生活環境を確保しつつ、ご家族の負担を軽減することも重要だからです。

発達支援にはさまざまな方法がありますが、目的は全て同じです。

それは「お子さまたちが自立した社会人になれるよう支援すること」で、具体的には、運動や言語、コミュニケーション能力の向上を図ります。

発達支援とは: 一人ひとりの特性を活かすサポート

発達支援は児童の障害や発達に特化したサービスで、一人ひとりの特性を活かしながら、お子さまたちの自立を促します。

発達支援は地域やご家族と連携して行われることが多く、様々な施設やサービスが提供されますが、それらはお子さまたちが抱える課題や障害の特性によって異なります。

なので、発達支援は個別に対応することがとても重要で、だからこそ専門的な知識や経験を持つスタッフが、それぞれのお子さまたちに合ったサポートを提供していく必要があるのです。

発達支援の目的: 自立した社会生活を送る力を育てる

発達支援の目的は、お子さまたちが自立した社会生活を送る力を育てることです。

そのために、生活スキルやコミュニケーション能力を向上させることはもちろん、お子さまたち自身が自分の特性を理解し、それを活かすことができるよう、心のケアも行われます。

なので、発達支援が提供するサービスとして、医療や療育の面からのアプローチも行われますし、専門家との協力や、お子さまたちが通う学校や保育園、幼稚園などの機関とも連携した支援が必要なのです。

発達支援の重要性:「早期発見・早期対応」がとても重要

発達支援は「早期発見・早期対応」がとても重要だと言われています。

というのも、障害や発達の遅れを早期に察知することで、それに対応した適切な支援を提供することができるからです。

早期発見・早期対応ができた場合、お子さまたちの発達に大きなプラスの影響を与えられる可能性が高くなりますし、またご家族の負担が軽減され、より良い環境で子育てができるようになります。

だからこそ発達支援の重要性を理解し、お子さまたちに最適な環境を提供することが大切です。

発達支援を提供する主要な施設とサービス

お子さまたちの発達支援を行う施設やサービスには様々なものがありますが、ここでは「療育センター」「児童発達支援センター」「放課後デイサービス」といった主要な施設とサービスをご紹介します。

※これらの施設・サービスをご利用する際は、各施設やサービス内容、対象者を確認し、ご自身の状況に合った選択を慎重に行うようにしてください。

療育センター: 専門家による個別指導が受けられる

療育センターは、障害を持つ児童を対象にした施設で、専門家による個別指導が受けられます。

療育には、言語や運動機能、心理・行動面を含む発達の遅れを補うための方法が含まれますが、専門家は各児童の状況に合わせたプログラムを組んで提供します。

これにより、お子さまたちが自身の特性や機能レベルを理解し、それを活かした自立した生活ができるようにサポートされます。

またご家族に対しても、お子さまの発達や知識を向上させるためのアドバイスを提供してくれますので、連携して支援が進められます。

児童発達支援センター: さまざまなサポートが揃う

児童発達支援センターは、障害を持つ児童やその家族に対してさまざまなサポートが揃う施設で、心理・言語・運動機能の指導、生活習慣やコミュニケーション能力の養成、また地域との交流活動などが行われます。

さらに、家族向けの相談やサービスも提供されており、子育ての悩みや課題にも対応できます。

児童発達支援センターを利用することで、お子さまたちは自立した生活が送れるようになり、家族も一緒に成長していくことができるのです。

ちなみにこの記事を執筆しているのは、埼玉県行田市・鴻巣市にある児童発達支援・放課後等デイサービス「ぷりんしぱる」です。

ぷりんしぱるは「勉強についていけない」「お友だちとうまく遊べない」「集中して物事に取り組めない」など、発達・成長に心配のあるお子さまや、障がいを持ったお子さまを対象とした施設です。

ご家族の不安に寄り添い、ご相談しながら、お子さま一人一人が「主役(プリンシパル)」として人生を歩めるよう「発達基礎プログラミング」の考え方に基づいた最適な療育プランをご提案させていただいています。

お子さまがたくさんの仲間と共に楽しみながら成長できる、笑顔あふれる未来づくりを全力で支援いたしますので、ご興味があればお気軽にご連絡ください。

また、ぷりんしぱるでは一緒に働いてくれる仲間も大募集しています!

「“お子さまの人生は、お子さまが主役”であり、それを一生懸命サポートするご家族を、さらに私たちが支える!!」

という想いの下に「ぷりんしぱる」を運営しています。

感謝と喜びを仲間と共感し、身近にいる大切な人から、関わる全ての人たちへの恩返しのために、素直な気持ちでどんなことでも挑戦する気概を持って働ける人たちを育み、サポートしていきます。

お子様のご支援を通し、一緒に成長していきませんか?

※採用に関するご相談や職場見学会の詳細は、こちらよりご確認ください。

放課後デイサービス: 学校帰りのお子さまたちをサポート

放課後デイサービスは、障害を持つお子さまたちが学校帰りに利用できる施設で、学習や遊びなどのサポートを受けられ、お子さまたちの得意分野や興味を引き出しながら、自立支援やコミュニケーション能力を高める活動が行われます。

またご家族に対しても、お子さまの成長や発達に関する相談やサポートが提供されることがあります。

学校や地域と連携して支援が行われるため、お子さまたちが安心して成長できる環境が整います。

地域連携型サービス: 家庭や学校と連携して支援

地域連携型サービスは、家族や学校と連携して、発達に障害を持つ児童の支援を行います。

このサービスの目的は、お子さまたちが無理なく社会に馴染むことができるよう手助けすることです。

具体的には、専門家が個別のニーズに合わせた支援を提供し、福祉と教育の両面からサポートします。

また、地域の福祉施設や保育園、幼稚園とも連携し、お子さまたちが安心して過ごせる環境を整えます。

家庭や学校が直面する課題や悩みに対して、専門家が相談に応じ、適切なアドバイスや支援を提供することで、お子さまたちの自立をサポートし、家族が安心して子育てに取り組めるよう助けていきます。

発達支援プログラムの種類と内容

発達支援プログラムにはさまざまな種類があり、児童のニーズや状況に応じた内容が提供されていますが、主なプログラムは下記の通りです。

  • 個別療育: 一人ひとりの特性や状況に応じて行われる支援で、専門家が目標を設定し、適切な方法で進めます。
  • 集団療育: 複数人のお子さまたちが一緒に行う療育で、コミュニケーション力や社会性を高めることを目的としています。
  • 親子プログラム: ご家族が一緒に発達支援を学ぶことができます。
  • 次に、これらのプログラムについてそれぞれ詳しく解説していきます。

    個別療育: 一人ひとりのニーズに応じた支援

    個別療育は、一人ひとりの発達障害の状況やニーズに応じた支援を行いますが、具体的には5領域の計画に基づいた個別支援のうち、

    • 言語聴覚士による「言語・コミュニケーション」
    • 理学療法士による「運動・感覚」
    • 作業療法士による「認知・行動」

    この3領域にて、お子さまの成長に合わせて専門家が個別の目標を設定し、それに沿った療育プログラムを実施していきます。

    ご家族や保護者さまと連携してお子さまの状況を理解し、効果的なサポートができるよう努めますので、個別療育を通して、お子さまたちが自分の力で、社会に適応しやすい状態を目指していくということです。

    集団療育: コミュニケーション力を高める

    集団療育は、複数人の児童が一緒に活動することで、コミュニケーション力や社会性を高めることを目的としていますが、具体的は5領域の計画に基づいた集団支援のうち

    • 保育士・児童指導員(心理担当スタッフ含む)による「健康・生活」「人間関係・社会性」

    この2領域にて療育プログラムを実施し、お子さまたちが他者と関わり合いながら、自分たちの意思を表現し、相手の意見を受け入れる力を育てます。

    これにより、友だちとの関係を築くことができるだけでなく、ご家族や先生とのコミュニケーションもスムーズになります。

    集団療育は、お子さまたちが自然な形で社会と触れ合い、より豊かな人間関係を築いていくための大切なプロセスなのです。

    親子プログラム: 家族で発達支援を学ぶ

    親子プログラムでは、ご家族が一緒に発達支援を学ぶことができます。

    これにより、お子さまの発達や生活に関する課題をご家族が一緒になって克服に向かっていけることになります。

    具体的には、親子で参加することでお子さまの特性や必要な支援方法について理解を深めることができますし、さらにお子さまとのコミュニケーションの仕方や日常生活での適切な指導方法も学ぶことができます。

    このような親子プログラムは、地域の福祉施設や療育施設などで提供されていることが多く、参加費用もそれほど高くないので安心して利用できます。ただし、場所や主催者によっては事前申し込みが必要な場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

    ちなみにこの記事を執筆しております、埼玉県行田市・鴻巣市にある児童発達支援・放課後等デイサービス「ぷりんしぱる」では、この親子プログラムでは「子育てサポート」という名目で、参観日や保護者交流会などの保護者様だけの交流会なども実施しています。

    参加費用はいただいておりませんが、事前の申し込みご案内をぷりんしぱるからご案内いたしますので、ご興味があればお気軽にお問い合せください。

    発達支援を受ける上での手続きと注意点

    発達支援を受ける上での手続きにはいくつかの注意点があります。

    まず、利用しようとする施設やサービスに対象年齢や専門の医師からの診断書が必要などの条件がある場合があるので、事前に確認しておくことが大切です。

    さらに、利用したいサービスについて十分な情報を集めておくことも大切です。

    例えば、サービスの内容や提供される支援方法、利用者の感想や評価などを参考にして、自分のお子さまに適したサービスを選べるようにしましょう。

    また、お子さまの現在の状況や将来の目標に合わせて、短期的な目標と長期的な目標を設定し、その目標に合った支援プランを立てることが重要です。

    こうした計画を立てておくことで、支援の進行や効果を評価しやすくなり、適切なサポートが継続的に受けられるようになります。

    発達支援サービスの利用手続き: 申請方法や受給条件を知っておこう

    発達支援サービスの利用手続きには、申請方法や受給条件が存在します。

    まず、利用希望のサービスに関する情報を入手し、お子さまの状況に合わせた適切な施設やプログラムを選びましょう。

    次に、受給条件に該当するかどうかを確認し、必要であれば専門家からの診断や指導を受ける必要があります。

    また、利用手続きには書類の準備が必要な場合がありますので、事前に確認しましょう。

    ※利用手続きや受給条件については、市区町村の福祉窓口や学校などで情報が提供されています。

    もし、プランを立てたり時間を作ることが難しい保護者様には、「相談支援専門員」という相談支援事業所を活用することをお勧めしております。

    もしご不明点があれば、当施設「ぷりんしぱる」でも直接お問い合わせを受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

    費用負担と助成制度: 支援を受けるうえでの経済的負担を抑える方法

    発達支援を受けるうえでの経済的負担を抑える方法として、助成制度の活用があります。

    国や自治体には、障がい児童やその家族を支援するためのさまざまな助成制度が設けられています。

    これらの制度を利用すれば、施設への通所費用や療育費用などを補助してもらうことができます。

    助成制度には、対象者や受給条件、金額などがそれぞれ異なるため、自分のお子さまや家族の状況に合った制度を選ぶようにしてください。

    ※助成制度の種類や詳細については、市区町村の福祉窓口など情報が提供されています。

    まとめ

    発達支援とは「障害や発達の遅れがあるお子さまたちに対して、個々の特性に合わせた支援を行うこと」を指しますが、発達支援を成功させるポイントは、適切なサービスや施設の選択、目標設定やサポートプランの作成、助成制度の活用などが挙げられます。

    これらを意識して取り組むことで、お子さまの発達を効果的に支援することができるでしょう。