児発管(児童発達支援管理責任者)の将来性と魅力について徹底解説!

児発管(児童発達支援管理責任者)は、お子さまたちの成長をサポートする重要な仕事です。

今回の記事では、そんな児発管の将来性や魅力について詳しく解説していきます。

児発管の需要が増える理由ややりがいを感じられる瞬間、また児発管に向いている人の特徴やキャリアアップの方法など、充実した内容が盛りだくさんで、児発管に関心がある人には必見の内容になっています!

児発管の将来性とは?

児発管(児童発達支援管理責任者)は近年も需要が増えていますが、その将来性について、次に詳しく解説していきます。

将来性抜群!児発管の需要増加の背景

児発管(児童発達支援管理責任者)は近年需要が増えていますが、その理由としては大きく下記の2つです。

  • 全国的に児発管が不足している
  • 発達障害と言われている児童の急増

日本でお子さまの人口が減少する中、「発達障害」と呼ばれるお子さまは増え続けていて、下記のグラフでも発達障害と言われる3つの特性(ADHD(注意欠如・多動性障害・学習障害・自閉症)を持つお子様が増え続けていることが分かります。

グラフ引用:【最新統計】通級に通う発達障害児(自閉症・ADHD・学習障害)の人数

発達障害と言われるお子さまの急増に伴い、そのようなお子さまを支援する児発管(児童発達支援管理責任者)のニーズも高まっていますが、その数は全国的に不足していて、将来的もこの需要がなくなる可能性が低いと感がれられます。

社会的ニーズと児発管の関連性

児発管(児童発達支援管理責任者)は、専門的な知識とスキルを駆使して、お子さまたちの発達や生活の質を向上させる支援を行います。

これによって、お子さまたちの成長を促すとともに、

  • ご家族や地域の負担を軽減する
  • お子さまたちが社会に溶け込めるよう助ける

などの役割を果たしているため、「児発管は社会的ニーズに応える仕事をしている」とも言えるのです。

児発管という仕事のやりがい

児発管(児童発達支援管理責任者)という仕事のやりがいは、人によってそれぞれだと思います。

ただ多くの方が挙げるやりがいとしては、「お子さまたちの成長を支えることで、喜びや達成感を得られる」ということです。

次に詳しく見ていきましょう。

お子さまたちの成長を間近で支える喜び

お子さまたちは日々成長し、その過程でたくさんの変化があります。

そのような中で、児発管(児童発達支援管理責任者)はその業務を通じて、お子さまたちの成長を直接的に支援することで、喜びを感じることができます。

児発管は、お子さまたちの発達に合わせた計画を立て、個別のニーズに応えるサポートを行います。

また、保護者さまやご家族とも連携し、お子さまたちの成長を支える環境を整えますが、お子さまたちの笑顔や成長の瞬間をとにかく間近で見ることができるので、大きなやりがいを感じることができるのです。

「この子がこんなことを上手にできるようになった!」などという瞬間を共有できることは、とても喜ばしいことですよね。

しかしもちろん、お子さまたちの成長を支える仕事は責任も大きく、時には困難もあります。

それでも、お子さまたちの笑顔や成長が見られることが励みとなり、毎日の仕事に喜びを感じることができるでしょう。

職場でのチームワークと連携の重要性

児発管(児童発達支援管理責任者)の仕事では、チームワークと連携が非常に重要となってきます。

お子さまたちの成長を支えるためには、他のスタッフや専門機関と協力し合って働くことが求められるからです。

例えば、お子さまたちの個別ニーズに応えるために、スタッフ同士で情報共有や相談を行います。

また、地域の医療や福祉機関とも連携し、お子さまたちが必要なサービスを受けられるようにサポートします。

チームワークと連携を大切にし、職場の雰囲気を良くすることで、お子さまたちにも良い影響を与えることができますし、そうすることでお子さまたちは安心して過ごすことができ、より良い成長を遂げることが可能となります。

職場でのチームワークと連携を大切にすることで、お子さまたちにとって最高の環境を提供し、彼らの成長を最大限に支えることができるのです。

自己成長とキャリアアップのチャンス

児発管(児童発達支援管理責任者)は、その仕事を通じて、自己成長やキャリアアップを目指すことももちろんできます。

例えば、仕事を通じて児童の発達や障害に関する知識や研修を受けることで、専門性を高めることができます。

また、スタッフの指導やチームのマネジメントを行うことで、リーダーシップや人間関係のスキルを磨くことができますが、このようなの経験は今後のキャリアアップに大いに役立つでしょう。

児発管は、児童福祉の分野で大きなやりがいと成長のチャンスがあるため、自己成長とキャリアアップを目指したい人にとっても、おすすめの仕事だと言えますね。

児童発達支援管理責任者に向いている人の特徴

次に、児発管(児童発達支援管理責任者)に向いている人の特徴を上げていきます。

お子さまたちへの愛情・成長を支える強い意志がある

児発管(児童発達支援管理責任者)に向いている人の特徴としてまず、お子さまたちへの愛情や、お子さまたちの成長を支えたいという強い思いがあることが挙げられます。

むしろ、「この思いなくして児発管は務まらない」と言っても言い過ぎではないと思います。

積極的な対応力と柔軟な思考力がある

「積極的な対応力」とは「物事に前向きに取り組む力」のことで、児発管という仕事や人間関係で問題が発生した時にも、この力があれば、解決策を見つけることができるでしょう。

そして「柔軟な思考力」があれば、固定観念にとらわれず、お子さまの個別のニーズに応じて、考え方や行動を変えることができるため、新しいアイデアや解決策を生み出すことがでしょう。

これらの力がある人は、職場環境の変化や新しい課題にも柔軟に対応できるので、児発管として重宝されるはずです。

連携・チームワークを大切にできる

また、連携やチームワークを大切にし、他のスタッフや関係者と協力して仕事ができる柔軟さも重要です。

児発管(児童発達支援管理責任者)は、特に様々な人たちとの連携・チームワークが必要になってきますので、この力が元々あればよいですが、この能力が低くても、「連携・チームワークを大切に仕事をしよう!」と思って業務に取り組んでいくことがまず重要になってきます。

児発管の仕事内容・キャリアパス

それでは次に、児発管(児童発達支援管理責任者)の仕事内容やキャリアパスについて解説していきます。

児発管の仕事内容

児発管(児童発達支援管理責任者)は、下記の業務を行うことになります。

  1. 個別サポートの作成
  2. 行政(子育て支援課や福祉課)や民間の相談支援事業所の相談員、また保健所の保健士との連携
  3. 保護さまやお子さまとの面談・相談支援
  4. 保育園・学校等との連携
  5. スタッフの育成
  6. 療育
  7. その他諸業務

児発管に必要な資格・経験・研修

児発管(児童発達支援管理責任者)になるためには、下記の条件を満たすことが必要となります。

  • 5年以上の実務経験
  • 基礎研修と実践研修を修了する

そしてこれは必須ではないですが、社会福祉士や児童福祉施設の指導員、保育士や小学校・中学校の先生、といった資格があることが望ましいです。

これらの資格を持っていると、児発管の仕事には大いに役立ちますよ。

次に経験についてですが、児発管という仕事を行う上では、「お子さまたちの発達をサポートする仕事」の経験があるとよいですね。

例えば、福祉施設や保育園などでの勤務経験があれば、それは役に立つでしょう。

また仕事ではなくても、障害や発達の遅れのあるお子さまたちと接する機会があった場合も、児発管の仕事に活かせます。

児発管の将来的なキャリア展望と選択肢

児発管(児童発達支援管理責任者)として働くことで、お子さまやご家族の喜び、また感謝の言葉を聞くことができ、やりがいを感じることができますが、将来的なキャリア展望としては、児発管を中心とした施設の運営や管理に携わることが考えられます。

また、お子さまたちやご家族への支援だけでなく、他の福祉業務につくこともできるでしょう。

選択肢としては、専門的な知識やスキルを磨くことで、障害児支援施設や放課後デイサービス、療育施設などで働くことができますし、もちろん企業や自治体で働くこともできます。

その他、独立して自分の施設を立ち上げることも可能です。

このように、児発管の仕事は将来性があり、多様なキャリアが選択できるのです。

児童発達支援管理責任者の年収・年収アップのポイント

次に、児発管(児童発達支援管理責任者)の年収、そして年収をアップさせるためのポイントについてです。

平均年収と業界別の違い

児発管(児童発達支援管理責任者)の年収は、もちろん経験や施設の規模、地域によって異なりますが、平均的には300万円~400万円程度と言われています。

そして、児発管の平均年収は業界別に違いがあり、一般的には民間企業で働く場合の年収は、公立やNPOなどに比べて高めです。

また、地方よりも都市部で勤務する場合のほうが平均年収が高い傾向があります。

ここで注意していただきたいのは、単純に年収だけで比べるのではなく、働く環境や仕事の内容、待遇なども考慮して、自分に合った職場を選ぶことが大切だということです。

たとえば福祉施設で働く場合、お子さまのニーズに応じて柔軟な対応が求められることがありますが、そこにやりがいが大きいと感じる人もいます。

また、社会貢献性が高く評価される職場も多いため、そういうところに働きがいを感じることができます。

なので、年収以外の部分も総合的に判断し、自分に合った職場を見つけることが大切ですよ。

経験・スキルによる年収アップのポイント

他の業種と同様に、児発管(児童発達支援管理責任者)も経験やスキルを積むことで、年収アップする可能性があります。

具体的には、

  • 資格を取得することで、専門的な業務に携われるようになります。
  • 研修を受講することで、効率的に仕事ができるようになります。
  • 人間関係やコミュニケーション能力が向上することで、人材としての価値が高まります。

このような経験・スキルを積むことで、幅広い業務に対応できる人材とみなされ、年収アップが見込まれるということです。

「児発管への転職」成功へのポイント

では次に、児発管(児童発達支援管理責任者)への転職を成功させるポイントについてです。

転職市場で求められる児発管のスキル

転職市場では、児発管(児童発達支援管理責任者)に求められるスキルがいくつかありますが、具体例は以下の通りです。

  • 専門的な知識を持っていること
  • 個別の支援計画の作成や指導ができること
  • 保護者さまや関係機関との連携がスムーズにできること
  • スタッフのマネジメントや指導ができること

これらのスキルを持っていれば、転職市場での競争力が高まります。

児発管への転職成功のための自己分析と市場調査

児発管への転職を成功させるためには、「自己分析」と「市場調査」が必要です。

まず自己分析では、自分の強みや弱みを明確にし、どのような職場で働いていきたいのかを考えます。

そして市場調査では、求められるスキルや給与相場、働きがいのある職場環境を調べます。

これらを行うことで、自分に合った職場を見つけやすくなり、転職成功の可能性が高まりますので、焦らずす進めてみてくださいね。

まとめ

今回はまず、児発管の将来性について解説しました。

児発管は、障害などがあるお子さまたちを支援する重要な役割を担っており、社会的ニーズがあることから、将来性もこの需要がなくなる可能性が低いでしょう。

また、児発管という仕事は「お子さまたちの成長を間近で支える喜び」を味わえるため、とてもやりがいのある仕事です。

そして児発管に向いている人、児発管の年収や年収アップ、そして転職を成功させるポイントについても解説しました。

今回の記事があなたのお役に立てましたら幸いです。

そしてこの記事を執筆している、埼玉県行田市・鴻巣市にある児童発達支援・放課後等デイサービス「ぷりんしぱる」でも一緒に働いてくれる仲間も大募集しています!

「“子どもの人生は、子どもが主役”であり、それを一生懸命サポートするご家族を、さらに私たちが支える!!」

という想いの下に「ぷりんしぱる」を運営しています。

感謝と喜びを仲間と共感し、身近にいる大切な人から、関わる全ての人たちへの恩返しのために、素直な気持ちでどんなことでも挑戦する気概を持って働ける人たちを育み、サポートしていきます。

お子さまのご支援を通し、一緒に成長していきませんか?

採用に関するご相談や職場見学会の詳細は、【こちら】よりご確認ください。