療育で後悔しない!親子ともに幸せになる方法

親子ともに幸せになるために「療育」を検討しているけれど、その療育で後悔しないためにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで今回の記事では、「療育とは何か」「具体的に何をするのか」など療育で後悔しないために知っておくべきことや、実際の療育を受ける前後でお子さまと保護者さまの生活がどのように変わるのかについて解説していきます。

今回の記事で、療育がどのように親子の幸せにつながるのかを理解していただき、お子さまや保護者さまとって理想的な療育の方法を見つける手助けになればうれしく思います。

それではさっそくいきましょう!

そもそも療育とは?

まず、そもそも「療育」とは何なのか?というところからご説明させていただきます。

療育とは、お子さまの発達障がいや自閉症スペクトラムなど、特別な支援を必要とするお子さまたちに、その成長と発達を助けるための教育とリハビリテーションを提供することです。

療育は、お子さまたちが学校や家庭で適切な支援を受けることができるよう、専門の先生や施設が関わります。

具体的には、お子さまの発達に合わせた学習や遊び、生活面での支援やコミュニケーションのサポートなどが行われます。

療育を受ける理由としては、保護者さまがお子さまの発達に不安を感じたり、学校や保育園での生活に困難が見られたりする場合、また医師や専門家からの診断があった場合も、療育の利用を検討することがあります。

療育を受けることで、お子さまたちの将来の生活や学習がよりスムーズになることが期待されるのです。

そして、普段の支援の中でお子さまのお困りごとに注目し観察していくことで、その様子を保護者さまや関係機関の方達と情報共有していくこともしていきます。

療育は具体的に何をするのか?

では次に「療育は具体的に何をするのか?」という点についてご説明していきます。

療育は、生活面やコミュニケーション、そして運動機能の改善などをサポートしていくものです。

生活面をサポート

療育では、お子さまたちの生活面でのサポートを行っていきます。

これには、食事や着替え、トイレのお手伝いなどの基本的な生活スキルの習得が含まれます。

また、お子さまたちが自分で自分のことをする力をつけるため、自立支援も行われます。

お子さまの主体性を育み「できる」ことを増やすために、「興味」「期待感」「達成感・満足感」を感じられる内容を目標に活動や考え方を取り入れています。 

さらに、ご家庭や学校での生活、また行事などに参加するためのサポートや、お友達との関係を築く助けも提供されます。

療育を受けることで、お子さまたちは自分でできることが増え、自信を持つことができるようになってきますが、そのためには保護者さまや先生との協力も大切で、共にお子さまの成長を見守りながら、適切なサポートを提供することが求められます。

コミュニケーションをサポート

療育では、コミュニケーションのサポートが重要となってきます。

お子さまたちが言葉を使って自分の気持ちや考えを伝えられるようになることは、人間関係や学習にとって大切だからです。

療育の先生たちは、言葉を使ったコミュニケーションだけでなく、身振りや表情などを使ったコミュニケーションも教えます。

これらによって、お子さまたちが他者と関わり合いながら、相手の気持ちや考えを理解することを学んでいくのです。

お子さまたちの人間関係が円滑になり、将来的にも良い人間関係を築くことができるようになることを目指していきます。

運動能力の向上をサポート

運動能力の向上も、お子さまの成長にとってとても重要で、運動能力が向上することで、お子さまがお友達と遊んだり、学校の授業に参加しやすくなるからです。

また、運動が得意なお子さまは自信を持ち、学校や家庭での人間関係がスムーズになることもあります。

運動能力の向上をサポートするためには下記のような方法がありますが、

  • ストレッチを行う
  • エクササイズを行う
  • 公園で遊ぶ

どの方法も、可能であれば保護者さまも一緒に取り組むことが大切で、そうすることにより、親子の絆もより深まってきますよ。

療育で後悔しないために

それでは次に、療育で後悔しないために押さえるべきポイントについて解説していきます。

早期対応が重要

「療育は早期対応が重要」だと言われます。

その理由は、発達障がいのお子さまはなるべく早い段階で必要な支援を受けることで、将来の学習や生活がスムーズになる可能性が高まるからです。

そのためには、保護者さまがお子さまの成長や行動に注意を払い、気になる点があれば早めに専門家に相談することが重要になります。

例えば、言葉や運動が遅れがちなお子さま、お友達との関係がうまく築けないお子さま、集団行動が苦手なお子さまなどがこれに当たります。

早期に適切な療育やサポートを受けることで、お子さまの能力や可能性を引き出し、より良い成長を促すことができるのです。

集団療育と個別療育について

「集団療育」と「個別療育」の違いについてですが、これは

  • 集団療育:お子さまがほかのお子さまたちと一緒に学ぶ
  • 個別療育:一人で学ぶ

という点になります。

集団療育のメリットは、「他人の真似をしやすい環境で対人スキルを学ぶことができる」ということ、そして集団療育のデメリットは、「プログラムが合っていなかったり、過敏(敏感)なお子さまだと刺激が強くなってしまう」ということです。

また 個別療育のメリットは、「お子さまに合ったプログラムを成長に合わせて柔軟に変更することができる」ということ、 そして個別療育デメリットは、「「対子供」との関わりが少なくなるので・他人を真似して覚える機会が少なくなる」ということです。

そして気になるのは「集団療育と個別療育、どちらの療育が適切なのか」ということだと思いますが、どちらかを選ぶポイントとしては下記が挙げられます。

  • まずお子さまを評価してもらう
  • メリットを取るのか・デメリットを避けるのかを決める

療育施設の選び方と相談窓口の活用方法

療育施設を選ぶ際は、まずお子さまの障がいや発達に合った施設を見つけることが大切です。

そのためには、いくつかの施設を見学して、お子さまに合ったプログラムやサポートが提供されているか確認しましょう。

また、施設の先生やスタッフさんとよく話しをして、お子さまのことを理解してくれる人がいるかどうかも大切ですし、施設の場所への通いやすさ、利用料金も考える必要があります。

そして療育施設を探すときには、相談窓口を活用することもできます。

具体的には、自治体にある相談窓口や専門の相談センターに行くと、お子さまの状態や発達に合った施設を紹介してもらうことができます。

また、インターネット上のサイトやブログを参考にすることもおすすめで、そこには施設の一覧や利用者の体験談が載っていることが多く、選び方の参考になります。

そして、

  • 保育園
  • 幼稚園
  • こども園
  • 小学校
  • 中学校
  • 特別支援学校

これらに連携を取っている事業所がありますので、通われている機関の先生などに相談してください。

ぜひとも、お子さまにとって最適な療育施設を見つけてくださいね。

障がいのあるお子さまを抱える「親」の心のケア

障がいのあるお子さまを抱える保護者さまは、お子さまのためにも「自分の心のケア」を忘れないでください。

そこでまず、自分の気持ちや不安を素直に認め、ご家族やご友人に話すことで、心の負担を軽くしましょう。

また、専門家や支援団体に相談することもおすすめです。

彼らは、障がいのあるお子さまの子育てに関する知識や経験が豊富ですので、具体的なアドバイスをもらえるでしょう。

また自分自身のために、趣味やリラックスできる時間を作ることも大切ですよ。

無理をせず、適度な休息と自分のための時間を持つことで、心も体もリフレッシュできます。

さらに、同じような状況の保護者さまたちと交流することも助けになります。

支援団体やインターネット上のコミュニティなどで悩みや喜びを共有することで、安心感や勇気をもらえるでしょう。

障がいのあるお子さまを抱える保護者さまは、自分の心のケアを大切にし、お子さまと一緒に成長していくことが大切なのです。

療育の前後で変化したお子さまと親の生活

「療育の前後でお子さま、そして保護者さまの生活はどう変化するのか?」

次は、この点についてお話ししていきます。

療育を受ける前のお子さまの状況

療育を受ける前のお子さまたちは、自分の障がいや発達の問題を理解できず、日常生活や学校で困難があることが多いです。

例えば、言葉の理解が難しいお子さまは、言葉でのコミュニケーションが苦手で、お友達との関係が上手く築けないことがあります。

また、行動や感情のコントロールができないお子さまは、周りの人とトラブルを起こしたり、学習が進まないことがあります。

しかし療育を受けることで、お子さまたちは自分の障がいや発達の問題を理解し、それに対応する方法を学ぶことができます。

適切なサポートを受けることで、お子さまたちは自分の能力を伸ばし、日常生活や学校においても前向きに取り組むことができるようになるのです。

なので保護者さまは、お子さまの成長や変化を見守り、療育施設と連携しながら、お子さまに適切なサポートを提供してあげましょう。

療育を通じて成長したお子さまの姿

療育は、発達が遅れたり、障がいを持っているお子さまたちの成長をサポートしますが、お子さまは療育を受けることで、たくさんの変化があります。

例えば、自分の気持ちを言葉で伝えられるようになったり、学校で勉強ができるようになったりします。

また、お友達と遊ぶことができるようになったお子さまもいます。

療育では、先生が個別にお子さまたちの弱いところを見つけて、その部分を強くする方法を教え、お子さま一人ひとりの成長を大切にしています。

なので保護者さまは、お子さまが療育を受ける姿を見て、お子さまの成長を実感することができます。

お子さまが自分の力で生活できるようになっていく姿を見るのは、保護者さまにとっても嬉しいことですよね。

療育に取り組む親の経験談・工夫と効果

療育に取り組む保護者さまは、お子さまが成長するためにいろいろな工夫をしています。

例えば、お子さまの興味を引くおもちゃを使って遊んだり、お子さまが得意なことを見つけて、それを活かしたりします。

「お子さまが療育で学んだことを、家でも続けること」これがとても大切です。

保護者さまが一緒に遊んだり、話しを聞いてあげたりすることで、お子さまの成長を助けられるのです。

なので、療育に取り組む保護者さまは、お子さまと一緒に工夫しながら、お子さまの成長を見守ってあげてください。

その結果、お子さまたちは生活に自信を持って、周りと上手に関わることができるようになっていくのです。

療育のプラス効果を最大限に活かす方法

療育のプラス効果を最大限に活かすには、お子さまに合った療育を選ぶことが大切です。

なのでまずは、信頼できる専門家に相談して、お子さまに合った療育を見つけましょう。

「保育所等訪問」などのサービスを利用することで、保護者さまだけでなく事業所の先生も含めて、保育園・幼稚園・こども園・小学校・中学校・特別支援学校とともにお子さまの普段の様子などを共有しながら、サービスをより円滑に受けることができます。

また、「家族支援加算」などのサービスを利用することで、保護者さまのご意見やお悩みなどを対面やオンラインなどで月に決められた回数分、施設のスタッフと意見交換など行うことができ、常にタイムリーなお悩み事や相談を受けることができますよ。

また療育施設に通う際には、お子さま、そして保護者さまが通いやすい場所を選ぶことが大切です。

通いやすい場所を選ぶことで、お子さまが療育を続けるモチベーションを維持しやすくなります。

ご家族はお子さまの成長を応援し、お子さまの気持ちに寄り添いながら、療育に関わりましょう。

ご家庭でのサポートが、療育の効果を最大限に引き出すポイントですので。

最後に、お子さまの成長と療育の効果を定期的にチェックし、必要であれば療育の内容を見直すことも大切ですよ。

まとめ

療育はお子さまたちの成長をサポートし、保護者さまもお子さまの成長を見守ることができます。

療育の効果を最大限に活かすためには、お子さまに合った療育を選び、ご家庭でのサポートを大切にしましょう。

また、お子さまの成長をチェックし、場合によっては療育の内容を見直すことも大切です。

最後に、この記事を執筆しているのは、埼玉県行田市・鴻巣市にある児童発達支援・放課後等デイサービス「ぷりんしぱる」です。

ぷりんしぱるは「勉強についていけない」「お友だちとうまく遊べない」「集中して物事に取り組めない」など、発達・成長に心配のあるお子さまや、障がいを持ったお子さまを対象とした施設です。

ご家族の不安に寄り添い、ご相談しながら、お子さま一人一人が「主役(プリンシパル)」として人生を歩めるよう「発達基礎プログラミング」の考え方に基づいた最適な療育プランをご提案させていただいています。

お子さまがたくさんの仲間と共に楽しみながら成長できる、笑顔あふれる未来づくりを全力で支援いたしますので、ご興味があればお気軽にご連絡ください。

また、ぷりんしぱるでは一緒に働いてくれる仲間も大募集しています!

「“子どもの人生は、子どもが主役”であり、それを一生懸命サポートするご家族を、さらに私たちが支える!!」

という想いの下に「ぷりんしぱる」を運営しています。

感謝と喜びを仲間と共感し、身近にいる大切な人から、関わる全ての人たちへの恩返しのために、素直な気持ちでどんなことでも挑戦する気概を持って働ける人たちを育み、サポートしていきます。

お子さまのご支援を通し、一緒に成長していきませんか?

採用に関するご相談や職場見学会の詳細は、【こちら】よりご確認ください。